ノーマルキャリパーOH

本当は、いきなりブレンボのキャリパーを付けたいんですが、まずはノーマルの性能を知らなくてはいけません。

オーバーホールしたところで効きはたかが知れているのはわかっているが、大事なのはまずカタナというバイクを知ることなのである。
実際フロントを上げてホイールを回してみたら驚いた。

引きずりまくり。

それまでカタナを押してるときに、なんて重いバイクなんだろうと思っていたが、常にブレーキ半がけ状態だったわけで、そりゃ重いはずだ。

やっぱりこういった基本整備がどれほど大事か思い知らされた。
ブレンボに交換するにしても、まずノーマル状態でブレーキをかけたときのフォークの沈み加減を知った上でないと、制動力が上がる分フォークのセッティングも見直さなければいけないわけで、カタナの本来のフィーリングを知るためにもここは通らなければならない道なのであろうと思う。

パッドはRKエキセルを選択。
オーバーホール自体はたいした作業じゃない。

キャリパーを外して、ピストンをエアで押し出して外す。
清掃後オイルシールとダストシールを交換して取り付ければ完了。

そしてカタナは本来のブレーキフィールを取り戻した。
引きずりもすっかり無くなって車体の押し歩きが驚くほど軽くなった。
生まれ変わったカタナのブレーキを体験して、こう決意した。

早くブレンボに交換しようと。

ノーマル効かねぇ。

ノーマル用パッド
清掃して、シール交換したキャリパー。
ゴツい。
そして片押し1ポッド。
ちょっと傷が入ってるけど、許容範囲内